家

畳を張替えて快適生活【日本伝統の住宅アイテム】

畳と障子の省エネ効果

イス

畳には断熱効果があることが知られています。特に最近のものは中に断熱材が入っているので冬の底冷えを防ぐ力はフローリングの床に比べると、圧倒的に高いと言えるでしょう。障子もカーテンより断熱効果に優れているのでガラス窓と二重構造にすることによって高い防寒効果を期待できます。また、障子は夏の遮光効果においてもカーテンよりも優れています。一方、畳も中のい草に多くの空気が含まれ、熱の侵入を防いでくれます。ついでに言えば、和紙を通して入り込んだ光は適当に散乱し、部屋を均一に優しく包み込んでくれ、い草の香りは森林浴にも似て人の心をリラックスさせるという一種の癒し効用も和室にはあるので新しく張替えると良いでしょう。

同じ家でありながら洋室はエアコンをつけっぱなしなのに和室はエアコンいらずという場合が少なくありません。畳と障子の断熱効果は洋室のフローリングと比べ想像以上に高いと思われます。初期投資は高くとも、電気代などのランニングコストでいえば和室に分配が上がると言えるでしょう。

震災による原発事故以来、脱原発の影響による電気不足や電気代の高騰が懸念され、節電は大きなテーマになっています。もし日本の家屋に和室が増えればそれによって大きな節電効果が期待できるのではないでしょうか。この機会に1000年以上の歴史を誇る畳と障子を張替えして価値を見直してみるのはいかがでしょうか。

畳や障子を家に使いたいときには業者に連絡しましょう。専門業者なので作業がスピーディーな上、質の良い畳や障子を提供してくれます。

畳やふすまの存在感

一軒家

畳やふすまは日本家屋には必要不可欠な存在で、日本らしさを高めてくれるものです。また、最近では種類が豊富になってきており色や素材に違いがあるので、住宅のイメージを変えることができます。

詳しくはこちら

畳のメリットと注意点

実施者

畳は和室には必要不可欠な存在となっていますが、フローリングと比べると傷つきやすいです。しかし、その分断熱効果に優れており、どんな季節にも対応してくれるので快適に過ごせます。

詳しくはこちら

畳で快適ライフ

不動産

日本の住宅には当たり前のように存在している畳は何年も使っていると劣化してしまいます。劣化すると本来の畳の良さが無くなってしまうので、張替え業者に依頼して新しくしてもらいましょう。

詳しくはこちら

Copyright© 2016 畳を張替えて快適生活【日本伝統の住宅アイテム】All Rights Reserved.